プロフィール

お富

Author:お富
青森県で一番小さい
田舎館村【いなかだてむら】に住んでいます。

家の前に「田んぼアート」。
家の後ろに浅瀬石川。

最新記事
カテゴリ
リンク
カウンター

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼアートはどうやって作るのか? その2

12 23, 2011 | 田んぼアートの作り方

0 Comments
作り方~その2 (設計図がないと何も始まらない!)


題材と下絵が決まったら、それをもとに設計図をつくります!


設計図、というか、予想図?
どういうふうに稲を植えるか、田んぼの図面を作るんです。

今年の下絵は↓ですが、
motoe.jpg


これを田んぼに置いてみます。

それがこちら。クリックで大きくなります。
uekaramitazu.jpg


田舎館村の田んぼアートは、お城の形をした役場の天守閣から見た時、ちょうどいいように設計されています。
なので、下絵に「高さ」を加えないといけないんです。

このままだと植える時指示が出しにくいので、また平面図になおします。



それがこれです!
nobasuzu.jpg


びよーんと引き延ばされた、かぐや姫。
竹なんかもう何が何やらってかんじになってます。

これを天守閣から見るとちゃーんと絵になるから、よくできてますよねぇ…。







この田んぼアートは天守閣から見下ろした時が最も美しいように、計算されています。

よく「田舎館の田んぼアートは浮きでて見える」、「なぜか3Dに見える」と言われてますが、ちょっとしただまし絵みたいになってるんですね。
これは狙ってやってるのが半分結果的にそうなっちゃったのが半分

実は、それほど精密には設計されていないそうな。。。(俯瞰図を作る人がほとんどカンでやってるらしい)

人間の目は、多少のゆがみは脳で補正を掛けてしまうそうなので、ちょっとくらい無理があっても不自然には思わないそうです。
みんな田んぼアートを見て感動してるから、さらに強い補正がかかるのかな?



どこに何を植えるか、田んぼのどの辺を使うのか、誰を配置するのか。



それを細かく設計図に加えていきます。

sekkeizu.jpg




つづく
スポンサーサイト

« 田んぼアートはどうやって作るのか? その3 田んぼアートはどうやって作るのか? その1 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。