プロフィール

お富

Author:お富
青森県で一番小さい
田舎館村【いなかだてむら】に住んでいます。

家の前に「田んぼアート」。
家の後ろに浅瀬石川。

最新記事
カテゴリ
リンク
カウンター

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼアートはどうやって作るのか? その1

12 20, 2011 | 田んぼアートの作り方

0 Comments
田んぼアートは、まあ、田んぼなので稲でできています。

Q、 でもどうやってあんな絵柄がうまくできるのか?
Q、 あれは全部稲なのか?
Q、 むしろフォトショップで加工してんの?
Q、 中国みたいにペンキで塗ってるの?


……というようなことをよく友達に聞かれるので、お富が知っている範囲で書いておこうと思います。



田んぼアートの作り方~その1 (下絵の準備)

まずどんな絵を作るのか、決めます。





あたりまえじゃんとか思ったらいけないんですよ!!

田んぼアートは稲でできてるんです。
それも、そのへんでは作られていない、変わった稲を使います。
しかも何種類も。

(田舎館の田んぼアートは色分けするのに多数の稲を使います。
 一種類の稲でやってるところもあります)
 


「田んぼアート、明日やるから今日絵柄考えよう☆」

…なんて考えでは、できないんです

どこにどの稲を使うか考えて、必要な分だけ種から育てなければなりません



稲は植物。
だから育つのを待たなければならないんです。

しかも、もしかしたら発芽に失敗するかもしれないというシビアさ。

どうも一般的なコシヒカリとかササニシキとかと違って、
紫や赤や黄色のお米は、現代的な農法だと育たない場合もあるみたいです。

そのへんにばらまいたのは育ったのに、ちゃんと殺菌して水温管理したら死んだ、みたいなこともたまにあるそうで…。

青森は寒冷地なので、土地に適した稲じゃないとやっぱりむずかしのかもしれませんね。
寒さに弱い品種だとたぶん育てるのも難しいでしょうし。



それで、稲の種もみを準備して育て始めるのが、春です。
稲がそだってきたら、ようやく田植え作業。

青森の田植えはだいたい5月の終わりくらい。



なので、

 その1田んぼアートの絵柄は冬の間に考えておく

これがまず田んぼアート開始の第一歩になります。


ちなみに今年の田舎館の田んぼアートは、竹取物語でした。
motoe.jpg


これまでで最も細かい絵柄と言われた、竹取物語。
なんか、雲とか竹とか、難関だったらしいです。
これをもとに田んぼアートを作り始めたのは、去年の今頃だったんでしょうねぇ、きっと。


田んぼアートは田植えの時だけが大変なんじゃなくて、一年がかりでやらなきゃいけないっていうのが、一番大変なことかもしれないですね。
人出を集めたり、田んぼの準備したり、絵を決めたり…




…つづく
スポンサーサイト

« 田んぼアートはどうやって作るのか? その2 ポスター、もらえます!! »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。